世界基準のテストであるTOEICとは

TOEICとはTestofEnglishforInternationalCommunicationによる略称であり、英語によるコミュニケーション能力において幅広く評価している世界共通によるテストであり、このテストは、合否で判断するテストではなく10点から990点までのスコアによって評価されます。また、このスコアについては、常に評価基準について一定に保っているために統計処理が行われており、能力に関して変化がない限りはスコアについても一定に保たれているところが大きな特長としてあります。これによってTOEICテストによって、現在における英語能力について正確に把握したり、目標としているスコアを設定したりしていることが可能になり、このテストにおいては、世界でおよそ150カ国で実施されています。また、その国独自における文化的背景や言いまわしを知らないと解答できないような問題についてはありませんので、世界共通による基準として活用していくことができます。

TOEICを受けるにあたって

昨今、グローバル化により世界の公用語と呼ばれる英語の重要性が間違いなく高まってきています。その中で、大学院に進学したい人々や社会人になって企業に就職したい人々などは、その大学院や企業に自分のTOEICのスコアを提示しなければならないということが多くなってきました。というのも、企業も英語力の高い人々を採用したいという気持ちがあり、その英語力を確認する最も簡単な方法がTOEICのスコアだからです。勿論、TOEICの点数だけで将来が決まるわけではありませんが重要なテストであることは間違いないでしょう。そのテスト自体は、全てマーク形式であり、その中でリーディングセッションとリスニングセッションに分かれています。その中で、高いスコアを取ろうと思うとかなりの英語力を必要とされるため、日々英語を聞くトレーニングをすることや速読のトレーニングをして、日常生活で英語に触れることが重要となるでしょう。

TOEICで高得点をとるためには過去問を解く

日本の会社に入社するときに、履歴書に書ける英語の検定はいくつかありますが、日本独自の英語検定の制度のひとつがTOEICです。これは、600点以上あると、会社もある程度評価してくれます。TOEICはマークシートで、問題量がかなり多いので、ぱっと読んで質問に答える速読と理解力、そして語彙力が試されます。長文リーディングはほぼないし、ライティングも話すテストはないので、実際の海外で英語を使う能力を問うものではありません。日本の学校でどのくらい真面目に授業を受けてきたかや、難しい語彙力をどのくらいもっているかが試されるので、対策としては過去問を時間内に解く練習をしておくとよいでしょう。問題の傾向も似ているので、とにかく今までの問題をやりつくし、なぜ間違えたのかと徹底的に覚えるだけで高得点が狙えるはずです。

本校は、優秀な講師陣によって練られたカリキュラムで効率的で効果的に講義を行うことで、生徒のスコアにその成果が結果として現れています。 英語の勉強を行うなら、スクールで学ぶことが効果的ですがキャンペーンや特典、イベントの情報はよく確認しておきましょう。当校周辺にはコンビニエンスストア、飲食店も充実しているからお昼休憩も不自由しません。 TOEICの英文法クラスを開講中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)