オリジナルTシャツの種類と特徴

夏になると毎日Tシャツを着るという人は少なくないでしょう。しかしそんな毎日のように着るTシャツもお店で売られているものはどれも似たり寄ったりで気に入るものがなかったり、どこにでもあるようなデザインに飽きてしまったりする人もいます。そんな人におすすめなのがオリジナルTシャツの作成です。オリジナルTシャツと聞くと学校の文化祭や体育祭などで使った覚えがあるという人も多いでしょう。他にもライブでオリジナルTシャツを着たという人や、会社等のイベントでオリジナルTシャツを着たという人が多いでしょう。しかしこうしたTシャツは自分でデザインしたものでないことの方が多いです。最近では自分だけのオリジナルTシャツを作ることができ、学校や会社等のイベント以外にも普段着としてオリジナルTシャツを着るという人が増加しています。

オリジナルTシャツの種類と特徴とは

オリジナルTシャツを作成する場合はTシャツの種類などを選ばなければなりません。Tシャツの種類は半袖だけでもVネックやUネック、カラーやメンズ、レディースやキッズサイズなど様々な種類から選択することができます。最近ではTシャツだけでなくパーカーやスウェットなどにも印刷できる業者もあるため、夏だけでなく冬でもオリジナルデザインの服を着用することができます。また印刷方法も考えなければなりません。印刷方法はインクジェット印刷やシルクスクリーン印刷などがあり、それぞれ価格を抑えることができたり、発色がきれいになったりという特徴があります。印刷方法によっては価格が高くなってしまう場合もありますがどんな用途や配色などによって適切な印刷方法があるため、デザインに合わせて印刷方法を選ぶとよいでしょう。

簡単に作れるオリジナルTシャツの作り方とは

オリジナルTシャツはパソコンでデザインを作成し、業者に印刷してもらうというのがこれまでの流れでした。しかしそもそもパソコンを持っていない人やパソコンを使ってデザインしたことがない人にとっては非常にハードルが高いものです。そんな中最近ではスマートフォンさえあればオリジナルTシャツ作成が容易に出来るようになったのです。スマートフォンで専用のアプリをとり、Tシャツを選択すると画面上でそのままデザインすることができます。文字のフォントなども多くの選択肢があり非常に簡単に作成できます。またこれまで1枚からの注文が難しく、枚数が少ないと費用が高くなりがちだったのが、こうしたスマートフォンで作るオリジナルTシャツなら1枚から作成することができ、さらに価格も1000円代から作成することができるため、自分が着たいデザインのTシャツを簡単に作成することができおすすめです。