企業のTOEICへの評価は高いです。

それほどいい大学を出ていないのですが、英語が好きな人がいました。その人は大学の在学中にTOEICの勉強を始めたのです。毎日これを勉強していました。彼は大学へ通いながら仲間を見つけて仲間同士で一緒に学校の図書館で勉強をするようになったのです。そしてみんなで勉強をしてこの試験でものすごい点数を取れるところまでなったのです。そして彼はいざ就職と言う時に面接で彼の英語力を見せたらしいのです。そしたらかなり大きな商社に受かったのです。仲間のみんなもいい点数を取れるようになっておりそれぞれが面接時にその英語力を見せたらいい会社に採用されたそうです。TOEICは企業でかなり高い評価を受けているようです。彼は入社時から英会話が出来ましたから最初から海外派遣をされたらしいです。でも言葉が出来たので生活にはまったく困らなかったそうです。

TOEICを受験することの益

英語の資格を取ろうと考える方は大勢おられます。英検などは日本で仕事するときにも役立つ資格です。TOEICはいかがでしょうか。この資格は英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストなのでこの資格を持っておくことは就職活動や転職の際などにも役立ちます。点数によって評価されるのでもちろん高い点数をとっておけばこの人は英語でのコミュニケーション能力が高い人と評価されます。もしかすると点数が低くて評価されないことがあるかもしれません。しかし、一年更新なので初年度が思ったより点数が取れないとしても次回から徐々に点数を上げることを目標にするならばモチベーションも持続され英語のスキルも上がっていくのではないでしょうか。様々な企業でグローバス化がすすんでいるので、こうした資格を取っておくならば必ず役立つ時がきます。

TOEICの概要について

TOEICの需要は年々上昇しています。それを示す様に、昨年の受験者は過去最高の人数だったようです。やはり、会社などでも色々と求められるようになってきているので、結果として社会人などを含め、更には学生も受験するようになっているので、増えているという事になります。内容としては、リスニング100問、リーディング100問で、リスニングには長文と短文を読み解くもの。絵からどれがあっているかと言う物を判断する物があります。リーディングは、文法と読解に分かれており、途中に両方が上手く含まれた問題が12問ほどあります。マーク問題ですので、正解か不正解。加点と言う事にはなりませんので、分からなくてもしっかりと全200問をマークする事が大事になっていきます。時間的には結構厳しいので、練習を行い、時間に慣れる事も大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*